マインドマップ 絶対ムリをチャンスに変える セルフコーチング31 東京MindMap

2017-12-24

マインドマップ 絶対ムリをチャンスに変える セルフコーチング31 東京MindMap教室

自己暗示1
マインドマップ 催眠

 
 

 

マインドマップで思考を見える化する講座のご案内はこちらです。
ビジネスパーソンの絶対ムリをチャンスに変える 思考を見える化する講座

 
 
 
 

point 自己暗示の力

前回の 潜在意識の授業 山田浩典 の続きです。

明日は朝5時に起きなければ!という時、皆さんはどうされますか?いつもよりちょっと早起き、そして絶対に遅刻してはいけない、そんなとき。

・目覚まし時計を何個も置いてかける、今ならスマホのアラームを5分起きに何度もセットしておく、4時0分、4時5分、4時10分、4時15分・・・

・ステレオにタイマーをかけて時間になったら大音量にでなるようにしておく。

・誰かに起こしてもらうようにお願いをしておく、母親や友達、恋人など。

色々な方法が考えつきますね。でも、これらは外部の力に頼った方法ですので、深い睡眠に入っているときにはなかなか覚醒しにくくタイミングが合わなければ中々起きにくいものです。

もうひとつ方法があります。内部の力を使う方法。つまり気合です。(笑)

眠るときに、明日は5時に起きる!と強く宣言するのです。明日は間違いがあってはいけない、そういう時に私は良くこの方法をとります。頭で考えるのではなく、お腹のしたの方で強く思います。

5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!5時に起きる!

強く何度も繰り返していると やがて、腹の底から、5時に起きる!という感じが満ち溢れて、5時に起きるということが間違いのない確信に近い感じになっていきます。

こうなればしめたもので、次の日の朝 大体間違いなく朝5時にパッと目が覚めるのです。なんだか不思議ですが、なぜだか必ずそうなります。これは一種の自己暗示ですね。言葉とイメージで、頭ではなく心で感じる部分にそのような反応が起きるように暗示をかけた訳です。

もし、朝起きれずに困っている方がいらっしゃれば、一度お試しください。コツはリラックスしながらも、心の底で本当にそうだと思えるように強く何度も繰返すことです。

 
 
 

point 痛みのコントロール

このこころで強く思うことが体に影響を及ぼすという反応は、色々なことに応用が可能です。

子供が怪我をしたとき、お母さんはそこを撫でながら「痛いの痛いの飛んでいけー」と呪文を唱えます。これは万国共通でその国の言葉ややり方で、子供の痛みをお母さんが癒してあげます。

実際に効果があるので、世界中にこのやり方が存在するのですね。お母さんが気をかけてくれて、やさしく癒してくれると子供のこころは反応をして、実際に痛みは減少します。

催眠の応用分野にペインコントロールがあります。こころで、本当に痛みを感じないと信じ込むことで、大幅に痛みを減らす技術です。良い麻酔薬が登場するまでは、医療の現場でも本当に催眠による痛みの軽減が図られていました。

私にも似た経験があります。自己暗示をすることで痛み軽減に効果があったと思える体験をしたことがあります。痛風ってご存知でしょうか?男性が良くかかる病気のひとつです。足の親指のつけねが腫れ上がって、強烈な痛みを発します。血液中の尿酸値が高いとこの症状が出るのですが、その痛みは骨折を上回ると言われており、それはそれは激痛が走ります。風が吹いても痛いので痛風という名前がついているほどです。

私はこの痛風、過去に数度発症しています。一旦発症すると1週間ぐらいは腫れ上がりそこに激痛が走り、歩くこともままならなくなります。数年前のことなんですが、あるセミナーの前日にあろうことかこの発作が始まりました。やばいですね。セミナーに穴を空けるわけにいきません。

困った私は、前の晩にどうか痛みが引いてくれるようにお願いしました。布団の中で、痛みがとれる、痛みがとれる、痛みがとれる、痛みがとれる・・・と何十回もお腹のそこで唱えたのです。

次の日に不思議なことが起こりました。朝から痛みが出ていたのですが、これは困ったなと思いながらも、なんとか足を引きずり会場にいきました。そうして会場近くの喫茶店でコーヒーを飲みながらスタンバイをしていたときに、突然スーっと痛みが引いていきほとんど痛くなくなったのです。

痛風は一旦腫れると数日は続くもので、途中で痛みが収まるということはありません。ところがその日の朝、そこが麻痺するような感覚でスーっと痛みがなくなったのです。おかげ様でその日1日は普通にセミナー講師を努めることが出来ました。自己暗示の効果だったと思います。もっともセミナーが終わってしばらくすると、再び痛みを感じるようになり、その後1週間激痛に苦しんだのですが、自己暗示の力でセミナーに穴を開けずに済みました。

強く思うことで、痛みをコントロールすることが出来ます。よくTVの催眠ショーで、わさびが辛くなくなる、とか 青汁がワインみたいに飲めるとかやっていますが、あれは実際にあることです。催眠状態で暗示を与えることで 直接感覚をコントロールすることが出来るのです。

TVだと面白おかしくやっていますが、ちょっとした自己暗示でペインコントロールが出来るようになるともっと簡便な、現実的な応用方法があります。例えば肩こりが取れるとか、ストレスからくる胃の痛みがとれるとか、女性だと冷え性が緩和されるとか、そういった症状の緩和に役立ちます。

皆さんも、ちょっとした暗示の力を感じたことがあるのではないでしょうか?暗示の力を意識的に、もっと身近なことに活用をしていっていいと思います。

次回は 2018年書き初め に続きます。

 
 
 
 

最後になりました。岡べまさみちが登壇する、直近のセミナーのご案内です。分かりやすい講座を心がけていますので、是非ご覧ください。講座のご案内は こちら です。
 
 
 

point お得な情報


ここまでお読みくださりありがとうございました。最後に東京MindMap教室から今だけのお得な情報です。

1無料PDF
マインドマップのかしこい使い方「一番スッキリするToDoリスト」は こちら です。

2メールマガジン
マインドマップの限定情報配信中 MindMapメールマガジンは こちら です。 

3講座開催のご案内
良くわかるマインドマップ講座を定期的に開催しています。開催予定は こちら です。 









Copyright(c) businessmindmaps.jp All Rights Reserved.